検索

カートを見る 検索

(芋酒) IMUGE.(イムゲー)久米島の久米仙 720ml

◆古くは沖縄庶民に愛された「幻の蒸留酒」

「久米島の久米仙」は、自然豊かな沖縄県久米島に位置する泡盛製造メーカー。1949(昭和24)年の創業以来、島民に愛され、全国の泡盛ファンに愛されるこだわりの泡盛づくりを続けてきました。「久米島の久米仙」という社名の由来は、地元に伝わる言い伝えからきています。久米島北部の宇江城地区というところに「堂井(ドーガー)」と呼ばれる湧水があり、夕暮れ時になると絶世の美女が現れて若者たちに酒を振舞った、そしてその美女の正体とは仙人だった、というものです。創業当初はこの「堂井」の湧水を汲み上げて酒造りに使用していたそうですが、現在は同じ水脈の水を宇江城山から引き込んで使用しています。この豊かな自然の湧水こそが原点であり、久米島の久米仙における重要なファクターとなっています。
「IMUGE.(イムゲー)」は、泡盛でもない焼酎でもない、米麹と紅芋に加えて粉黒糖を使用した三段仕込みの蒸留酒。古くは沖縄庶民に愛された幻の自家製芋酒を約100年ぶりに復活させた逸品です。イムゲーとは漢字で書くと「芋下」となり「庶民の芋酒」という意味。琉球王朝時代、米の蒸留酒である「泡盛」は庶民が日常的に飲むことのできるお酒ではなく、人々は「甘藷」や「黒糖」といった身近にあった材料を工夫して各家庭でお酒を造っていました。その後、明治時代後期になると自家醸造が酒造法で禁じられ「イムゲー」は徐々に人々の記憶からも姿を消しました。そんな「幻の酒」を復活させたのが「IMUGE.」というわけです。原料となるのは、琉球芋、黒糖、米麹。二次仕込みの後に黒糖や米を加えて発酵させる「三次仕込み」を行うことから酒税法上焼酎ではなくスピリッツとなります。紅芋と黒糖の甘みが調和した独特な味わい。爽やかな口当たりと、柔らかい余韻。洗練された味わいに思わず唸ります。ストレート、オンザロックでどうぞ。


種類 スピリッツ
飲み方 ストレート・ロック・ソーダ割り
原材料 甘藷・黒糖・米麹
芋 久米島産 紅芋
黒糖 沖縄県産黒糖
アルコール度数 25%
容量 720ml
製造元 久米島の久米仙(沖縄/久米島)

¥ 1,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ