検索

カートを見る 検索

(日本酒) 花の香 低精白 九拾 720ml

◆「低精白」で土地の個性を表現

花の香酒造は日本遺産に認定されている熊本県、菊池川流域の和水町にあります。はるか昔、阿蘇山大噴火の際に火砕流が凝固してできた土地です。その岩盤で自然濾過された石清水と、この地で育ったお米、更には酵母も熊本協会9号と、熊本の自然がつまった酒造りをしています。自社で農作部を立ち上げ、100%自然農法を目指しています。土地の個性を大切にする「和水テロワール」、これからの進化も楽しみな酒蔵です。
「低精白 九拾」は、和水町で収穫された米を使用するなど“100%ドメーヌ和水町”を達成しています。100%自然農法を目指していく中で、原点に立ち返り「磨かない」事での最高品質に挑戦。「低精白」という方法で土地の個性を表現した一本です。米粒を感じる様な繊細ながらも凝縮感のある旨味が伝わってくる、非常にナチュラルな味わいが楽しめます。複雑味がありつつも、全体的に穏やかですっきりとした印象です。ぜひ和水町のテロワールをじっくりと感じてみてください。


カテゴリー 【modern rich】
原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 和水町産 山田錦
精米歩合 50%(麹米)、90%(掛米)
アルコール度数 16%
容量 720ml
製造元 花の香酒造(熊本/和水)

住吉酒販の提案する日本酒の新基準
[ Modern / Classic ]の説明はこちら
http://sumiyoshi-sake.jp/sake-chart

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ