検索

カートを見る 検索

(ワイン) ドメーヌ・ラ・カボット コート・デュ・ローヌ ルージュ 750ml

◆ビオディナミへの拘りが詰まった、果実味豊かでエレガントな味わいの一本

ドメーヌ・ラ・カボットは、ブルゴーニュのドメーヌ・ダルデュイが1980年に土地を購入して始めた、45haのドメーヌです。「カボット(石でできた小屋)」は畑作業道具の収納場所で、地域によって呼び名が異なり、カボットはブルゴーニュの方言です。最初の畑は10haのみで、マリ・ピエール女史が少しずつ広げ、1986年に夫エリック・フュメ氏が加わり30haに広がったブドウ畑を管理しています。この地が農薬や化学肥料の問題もなくブドウを生育させるのに最適な場所だと感じており、常に環境を守るという観点からブドウ栽培を心がけ、「環境が表現する部分をありのまま、テロワールのまま瓶に詰める」ことを信念としています。このエリアは年間雨量の平均が300~350mm、多い年でも600~650mmと少なく、ローヌの典型的な品種であるムールヴェードル、シラー、グルナッシュ、白はクレレット、ヴィオニエ、グルナッシュブランを栽培しています。ビオロジック農法を早い段階から始め、次第にビオディナミ農法へ転換しており、2005年には完全に切り替えて2010年にはデメテール認定を所得しました。自然の植物や動物の排泄物等から堆肥調剤とし、ダイナミゼーション(攪拌し活性化させる)を行うための機械のプレパラシオン(調合した物質)が当たる部分は木で作られており、樽の変形、水漏れを防ぐために水を入れ、蓋をして乾燥を防いでいるほど、ビオディナミへの拘りを持っています。
こちらは、火打石質の砂岩と石灰質の砂岩の母岩の上に粘土砂質が重なる水捌けの良い土壌のブドウを使用。ステンレスタンクで発酵、5ヶ月の熟成を経ています。最初にカシス、ラズベリーなどの力強い香りが立ち上り、その後黒い果実やスパイスの複雑味あるアロマが感じられます。繊細でシルキーなタンニンを持ち、果実味豊かで厚みや丸みあるエレガントな味わいです。


産地 フランス/ローヌ地方
品種 グルナッシュ 50%、シラー 42%、カリニャン 8%
色 赤
容量 750ml
ヴィンテージ 2018
原語 Domaine La Cabotte Cote du Rhone Rouge

¥ 1,863

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ