検索

カートを見る 検索

(ワイン) ジャン・マリー・ペネ トゥーレーヌ ソーヴィニョン・ブラン'18 750ml

◆爽やかな香りとエレガントな酸味が心地良いトゥーレーヌ白ワイン

ドメーヌ・ジャン・マリー・ペネは、典雅なシャトーが点在するトゥーレーヌ地区の小さな村にあり、ドメーヌもまた、シャトー・ド・ラ・ペスルという名の優雅な城です。1885年にジャン・バティスト・ロベール氏が畑を買ったことにより、ドメーヌの歴史は始まります。ラベルに描かれているシャトーは当時のもので、ワイナリーに隣接しており、現在も事務所兼住居として使用されています。元詰めは1970年5代目の当主ジャン・マリー・ペネ氏が開始し、現在は三女のソフィー氏が夫フレデリック・ムルジェイ氏と共にドメーヌを運営しています。ソフィーとフレデリックは、ボーヌのワイン農業学校の同級生で、彼6代目にあたる彼は、ボーヌでネゴシアン「シャンピィ」とクルティエを経営するブルゴーニュワインの名門出身です。1998年よりジャン・マリー・ぺネ氏の跡を継ぐためにロワールに移ってきました。また、夫妻は積極的に海外に出て、オーストラリア・ヤラヴァレーの注目ワイナリー、コールドストリームや、ボジョレー、南アフリカの生産者の元でも研修を積んでいます。「故郷を離れて婿に入るのに心配はあったけれど、2人で海外で暮らしたり、学生時代も収穫のたびに彼女の実家で研修をして家族とうまくやっていけるか充分熟慮したよ。今は全く後悔していない。」とフレデリック氏は語っています。所有する30haの畑は、表土は粘土を含む砂地だが15cmほど下には粘土石灰質土壌が広がっており、この土地の特産ホワイト・アスパラが育つ土壌と同じだそうです。
こちらは、かつてロワール川が造った水捌けの良い砂地の丘の土壌のブドウを使用しています。爽やかなハーブを感じるアロマと、冷涼な気候によるエレガントな酸味を感じます。ほぼ無農薬に近い丁寧な栽培アプローチから生み出されるピュアな果実味が秀逸な一本です。


産地 フランス/ロワール地方/トゥーレーヌ地方
品種 ソーヴィニヨン・ブラン 100%
色 白
容量 750ml
ヴィンテージ 2018
原語 Domaine Jean Marie Penet Touraine Sauvignon Blanc

¥1,936

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ