検索

カートを見る 検索

(ワイン) アンリ・ボワイヨ ヴォルネー 1er Cru レ・カイユレ '18 750ml

◆妥協を許さない造りによる、しなやかで甘美な香りを持つ深みある味わい

ドメーヌ・アンリ・ボワイヨの創業は1885年で、1630年からの記録に残るヴォルネーで最も古い家柄の一つです。現当主は5代目に当たるアンリ・ボワイヨ氏で、その息子ギヨーム氏も2006年からドメーヌの仕事に参加しています。ピュリニー・モンラッシェとヴォルネーを中心に約16haの畑を所有しており、1996年には白ワインのネゴシアンものを造るメゾン・アンリ・ボワイヨを設立し、プルミエ・クリュやグラン・クリュはテロワールをしっかり表現するために各畑1生産者だけからブドウもしくは果汁の状態で購入する、など徹底した哲学を持っています。栽培においてはリュット・レゾネ(減農薬農法)を実践し、出来るだけ化学物質の使用を控え、除草剤は使用していません。手摘み収穫する際とトラックに積む前と2回の非常に厳しい選果を行なっており、そのため収量はかなり低くなっています。醸造では、白は空圧式プレスにて果実を絞り、約20日間のアルコール発酵の後、通常よりも大きな350lの樽で熟成を経ます。その際、ワインと樽との接点を少なくして緩やかな熟成を促しています。赤は100%除梗され、ステンレス製53hlの開放槽にて約12日間低音プレマセラシオンを行い、温度管理を行いながら約15日間アルコール発酵を行います。ピジャージュ、ルモンタージュを実施し、発酵後に5日間マセラシオンを行い、15~18ヶ月の熟成を経てリリースされています。妥協を許さない完璧主義者ともいえる彼は、ブルゴーニュにおける「基準」を上げるために、名声を手にして以降も、今なお可能性に挑戦し続けています。
「レ・カイユレ」は、数あるヴォルネーの1級畑の中でも最もしなやかな優れたワインを産する畑で、ドメーヌは約0.6haを所有し、樹齢は55年です。発酵と熟成を同じ樽で行うヴィニフィカシオン・アンテグラルを実施しています。サクランボやプラムなどの熟した果実の豊潤なアロマに、スパイスやモカのニュアンスが加わった甘美で複雑な香りを持っています。きめ細かく滑らかなタンニン、深みのある味わいを表現しており、熟成によって華やかな風味を発揮していくワインです。


産地 フランス/ブルゴーニュ地方/ヴォルネー村
品種 ピノ・ノワール 100%
色 赤
容量 750ml
ヴィンテージ 2018
原語 Domaine Henri Boillot Volnay 1er Cru Les Caillerets

¥ 16,482

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ