検索

カートを見る 検索

(泡盛) 春雨 11年古酒 alc.43% 720ml

◆大事に熟成された極上のクース

戦後間もない1946年、那覇市南部小禄の地に創業した宮里酒造所。一度は小売販売を約20年の間ストップし、春雨は一時「幻の銘酒」と呼ばれていました。一般市場に復活したのが1997年。その後、2000年の沖縄サミットの晩餐会で振る舞われるお酒を決める選考会で見事トップとなるなど、名実ともに完全復活したのでした。しかし一般市場に復活した今でも、なかなか手に入らない希少な泡盛と言われています。その理由は、徹底した酒質へのこだわりにあります。量より質を重視した泡盛造りは、年間たったの1000Lという極少量生産。さらに蔵人は社長含めてたった4人だけで行なっており、出来上がった泡盛は1年以上熟成、そして手作業で濾過を行うという徹底ぶり。この少人数でとことんこだわった酒造りが唯一無二の味わいを生み出しています。
「春雨」その名の由来はというと、戦争により全てを失った中で泡盛を造り始め、希望と恵みがこの地に再びもたらされることを願って、「春」には希望「雨」には恵みを託して名付けられました。
こちらは春雨の原酒を11年間熟成させたクース(古酒)。通常3年以上の熟成でクースを名乗ることができますが、こちらは11年という長期熟成品。レギュラーの春雨カリーと比べると、香りと味わいが非常にまろやか。長期熟成を経てカドがとれ、なんとも言えない重厚な味わいに変化しています。大事に熟成されたからこそ出会えるこの上ない奥深さを、じっくりとご堪能ください。


種類 泡盛
飲み方 ストレート・ロック
原材料 米・米麹
麹 黒麹
蒸留 単式常圧蒸留
アルコール度数 43%
容量 720ml
製造元 宮里酒造所(沖縄/那覇)

¥ 6,111

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ