検索

カートを見る 検索

(日本酒) 風の森 露葉風 507 720ml

◆地元特有の酒米「露葉風」で醸した純米大吟醸クラス

油長酒造は奈良県御所市にある300年を超える歴史ある酒蔵です。無濾過生原酒で知られる風の森、戦国時代の酒造りを今に伝える菩提もとで醸される鷹長、日本酒発祥の地とされる奈良で伝統と革新をともに酒造りを通じて古より続く奈良の風土や文化を守り、それを更に前進させながら後世へと受け継いでます。
「露葉風 507」は、奈良県でのみ栽培される酒米「露葉風(つゆばかぜ)」を使用して醸された純米大吟醸クラスのお酒です。また「507」とは、精米歩合50%で7号酵母を用いて醸したお酒という意味です。風の森らしいフレッシュ&ジューシーな、まっすぐに伝わってくるお米の甘味と旨味。幅広い方々にお楽しみいただけること間違いなしのキャッチーな一本です。


カテゴリー 【modern rich】
原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 奈良県産 露葉風
精米歩合 50%
酵母 7号酵母
アルコール度数 17%
製造元 油長酒造(奈良/御所)
※要冷蔵

住吉酒販の提案する日本酒の新基準
[ Modern / Classic ]の説明はこちら
http://sumiyoshi-sake.jp/sake-chart

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ