自然と人との豊かな調和
~Field-to-Table~

博多に本店を構える住吉酒販は、大正6年に庄島酒販として創業しました。100年以上続く酒屋の息子として生まれ、家業を継ぐことを決意してから、僕は「酒屋の在り方とは何か」を自問自答してきました。市場トレンドに追われ、多種多様な仕入れが必要になり、青田買いも求められる時代に、酒屋として何を発信していくべきか。家業に戻って10年目に、僕はようやくひとつの答えを見つけることができました。

心を揺さぶられる味わいと出会うときは必ず、その背景に誠実な生産者さんと豊かな自然がありました。僕が今お付き合いさせていただいている蔵元さんをはじめ、すべての生産者さんに共通すること。それは、ベストの素材を仕入れ、手を抜かずに仕事をするという、非常にシンプルで実直な姿です。本当のおいしさとは、偉大な自然と人間の叡智の掛け合わせで生まれるもの。この想い、この事実を酒屋として発信していくことが使命ではないだろうか。それが僕が見つけた答えです。

住吉酒販は、お酒だけを扱う酒屋ではありません。海や山、川や田畑で育まれ、誠実な人たちの手によって造られたものを、食卓に繋げる専門店です。コンセプトは“Field-to-Table”。自然と人との豊かな調和を願う、僕と生産者さんたちの想いをこの言葉に託しました。お酒も食品も、ナチュラルな原料と製法で造られた、「おいしい」を超越した領域のものだけをセレクト。お客様の選択肢を広げるのではなく、選択肢を絞ることに意味を見出しています。

どこで誰が造ったかが明確で、どこまでも透明感があって、突き抜けた個性を放つもの。そういった“本当においしい”ものは、食べる、いただくという直接的な体験により、多くの大切なことを教えてくれます。自然や造り手に感謝し、「いただきます」と手を合わせる、日本人が大切にしてきた日常の儀式。こうした日本ならではの美しい文化の本質が食卓にあることを、“Field-to-Table”を通じて感じていただければ幸いです。

住吉酒販 五代目 庄島健泰

Visit us

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1−2
東京ミッドタウン日比谷B1F
03-6205-4172

ミッドタウン日比谷店について詳しく

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ