検索

カートを見る 検索

(ワイン) ジャクソン レ・テール・ルージュ ロゼ '11 750ml

◆ラ・キュヴェ(一番搾り)のみを使用した極上のロゼ・シャンバーニュ

200年以上の長い歴史と伝統を誇り、グラン・クリュ アイ村、本拠地のあるディジー村などにある自社畑を中心とした52haの畑から類稀なるシャンパーニュを生み出すのが、このジャクソンです。ジャクソンのシャンパーニュは、ナポレオン皇帝からの籠愛をも獲得し、皇帝自身の結婚式にも振る舞われたという逸話も持ちます。また、その最高の栄誉を賞され、皇帝よりメダイユ・ドール(金メダル)を献上されました。かの有名なジョセフ・クリュッグは、創業前ジャクソンのセラーで修行して自身のメゾンを設立したという歴史もあります。
「ワインはセラーからではなく、畑から生まれる」という考えのもと、栽培責任者は収穫時には全ての畑をくまなく見て回り厳しく指示しており、栽培はリュット・レゾネで、ブドウの根が十分にミネラル分を吸収できるように土壌の手入れは怠りません。醸造においては、現在では珍しい旧式の垂直プレス機を使用し、より繊細でクリアな果汁を得るために丁寧に圧搾されています。自社シャンパーニュのために使用するマストは一番搾りのみで、プルミエタイユは他のネゴシアンに売っています。

現在当主を務め革命を起こし続けているジャン・エルヴェ・シケ氏とその弟ローラン氏は、スタンダードキュヴェを従来のノン・ヴィンテージをブレンドするのではなく、収穫年ごとの味わいの秀逸さに重点を置き、毎年秀逸なグラン・ヴァンを造り出すという大幅なドメーヌの方向性を2000年から変更しました。リューディーごとのテロワール、ヴィンテージごとの個性を表現したのが700シリーズです。最初にリリースされたキュヴェ728は、創立されてから728番目にブレンドされたキュヴェであることに由来します。
ジャクソンのシャンパーニュ造りに対するフィロソフィーは、長い歴史とともに飛躍の時を迎え、今や世界に認められる存在となり、数々の専門誌で高い評価を受け続けています。

良年のみ、ごく少量しかリリースされないこちらのキュヴェは、香りと味わいでロゼだと分かるディジー村らしい濃厚なスタイル。この畑から生まれるシャンパーニュは現在ではブラン・ド・ノワールのみで、ロゼとしてのリリースは最後のヴィンテージです。食とともに楽しめる黒ブドウの風味が生かされたロゼ・シャンパーニュです。

<商品情報>
生産者業態 NM(ネゴシアン・マニピュラン)
産地 フランス、シャンパーニュ地方、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区、ディジー村
品種 ピノ・ノワール100%
色 泡、ロゼ
容量 750ml
ヴィンテージ
原語 Jacquesson Champagne Dizy Les Terres Rouges Rose 2011

¥ 26,400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ