検索

カートを見る 検索

(ワイン) ピエール・パイヤール ブーズィ ミレジム エクストラ・ブリュット '08 750ml

◆二つのブドウのポテンシャルを奏でる2008ミレジムシャンパーニュ

1768年からモンターニュ・ド・ランス地区ブージイ村でブドウ栽培に携わるピエール・パイヤールは、1946年にレコルタン・マニピュランとして現醸造所を設立し、8代目となるアントワーヌとカンタン・パイヤール兄弟を中心に現在生産をしています。ブージイ村は、シャンパーニュのグラン・クリュで最もパワフルなピノ・ノワールを生み出し、肉厚で力強い男性的なシャンパーニュが生まれます。
彼らの畑で最も特徴的なのは、所有畑が全てブージイ村にあることと、シャルドネの栽培比率が高いことです。村全体では、作付面積の89%をピノ・ノワール、11%がシャルドネが占めていますが、ピエール・パイヤールでは、11haある所有畑のうち4haにシャルドネが植えられています。パイヤール家では、ブージイのブドウのみから造られるパワフルなシャンパーニュの中にフレッシュさとエレガントさをもたらすために、この村では例外的に高いシャルドネ比率を代々受け継いできました。
そして、ピエール・パイヤールのアイデンティティの要となるのが、単一畑でピノ・ノワールが植えられるレ・マイユレットとシャルドネが植えられるレ・モトレットです。これらの古樹の区画はピエール・パイヤールの「母なる畑」と呼ばれています。長年、植樹はマッサール・セレクションで行っており、その苗木には必ず二つの畑の枝を用い、ドメーヌのスタイルとそのベースとなるブドウの遺伝子を後世に伝える役割を担っています。また、これらの畑のワインは単独で瓶詰めされており、単一品種でこのグラン・クリュの魅力を純粋に表現したブラン・ド・ノワールとブラン・ド・ブランとしてリリースされています。
ブドウ栽培はリュット・レゾネを採用し、自然の野草で覆われたブドウ畑ではここ15年間化学肥料を一切使っていません。醸造は、区画と品種に分けて行い、発酵槽には主にステンレスタンクを使用しています。アルコール発酵後、全てのベースワインはマロラクティック発酵を経て澱と共に長期熟成させ、ボトリング後も定温を保つ地下セラーで最低42ヶ月の瓶熟成が行われます。
こちらは、ブージイ村のシャルドネとピノ・ノワールをブレンドしたミレジムシャンパーニュです。完熟した赤系果実、オレンジの皮やマルメロのアロマに、チョーキーなミネラルが感じられます。非常にクリアで長い余韻ではスパイスや澱に由来するのトースティーなニュアンスが楽しめます。シャルドネのシャープさと、ピノ・ノワールの上品なコクが同居し、時間を経て他に無い魅力あるシャンパーニュに仕上がっています。


生産者業態 RM(レコルタン・マニピュラン)
産地 フランス/シャンパーニュ地方/モンターニュ・ド・ランス地区/ブージイ村
品種 シャルドネ 55%、ピノ・ノワール 45%
色 泡
容量 750ml
ヴィンテージ 2008
原語 Pierre Paillard Bouzy Brut Grand Cru Millesime Extra Brut

¥ 12,256

※こちらの価格には消費税が含まれています。

カートを見る カートを見る

通報する

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ