検索

カートを見る 検索

Magagine

一覧へ

MAGAZINE

2020/01/12 14:20

「酒が喜ぶ、酒と喜ぶお惣菜」

惣菜(しゅきそうざい)

酒を呼び、杯が重なるひと皿。

住吉酒販の角打ちメニューの中から

レシピをご紹介していく本コーナー。

 

昆布、鰹節、塩。

シンプルゆえに奥深い。

大好評の塩おでん編、第3皿はコチラ。

 

「トリュフ玉子」

(東京ミッドタウン日比谷店より)

トリュフ玉子2

味が染みつつ、とろり半熟!

かぐわしいトリュフの香りをまとった、

押しも押されぬ看板役者の登場です。

【材料】**********************************
玉子 適量
黒トリュフ 少々
トリュフオイル 少々
トリュフ塩 少々
酢 大さじ1
【おでん出汁 水2ℓに対して】
利尻昆布 約12g
鰹節 約15g
エソ煮干し 約25g
塩 約20g

【作り方】**********************************
〜おでん出汁〜

●昆布を半日ほど水につけておき、60℃、60分。

昆布を取り出し加熱、75℃で鰹節を入れて5分で濾す。

(昆布と鰹節のみのお出汁を「基本の出汁」と呼称します)

※ここで玉子用に基本の出汁を分けておきましょう。

ラルド蛸2

エソのワタを取り除き、キッチンペーパーなどで巾着状に包み

基本の出汁へ入れる。塩で味を調整し、粗熱をとり落ち着かせる。

おでん出汁の完成!

〜トリュフ玉子〜

●生卵の殻に画鋲で穴を開ける。
(大変むきやすくなります。)

●沸騰したお湯にお酢を大さじ1程度入れ、5分半茹でる。

●氷水などで急冷し、殻をむく。

トリュフ玉子0

●分けておいた基本の出汁に塩を濃度1.1%を目安に入れ、

一煮立ちさせたものを密閉容器に玉子とともに入れる。

☆おいしさのキモ
出汁で煮るのではなく浸すことで半熟の仕上がりに!

●冷めるまで待ち、出汁を染み込ませる。

●玉子を二つに切り黄身にトリュフオイルを少々、

トリュフ塩をひとつまみ、温めた黒トリュフをスライスする。

温めたおでん出汁を敷く。

●完成!!

トリュフ玉子

トリュフ玉子にぜひ合わせたいお酒は

「無窮天穏 天頂(てっぺん) 生酛純米大吟醸 原酒」

天穏天頂

穏やかで芯のある味わいが出汁の風味と相性抜群。

トリュフの香りとともに続く

長く美しい余韻にウットリしてしまいます。

 

さて、今回使用した以下の食品たちは

住吉酒販各店でもご購入いただけます!

●利尻昆布(北海道 山本商店)
●鰹節(鹿児島  金七商店)
●エソ煮干(長崎 ヤマジョウ)
●塩 クリスタルプロ(佐賀 一の塩)
●ウルバーニ トリュフオイル(イタリア)
●ウルバーニ トリュフ塩(イタリア)
●無窮天穏 天頂 生酛純米大吟醸 原酒

一部取扱無い店舗もございますのでご注意ください。

リンクがついているものは住吉酒販公式オンラインストア

「フィールドとテーブル」にてお買い求めをいただけますので

ぜひご利用ください!

角打ちでもご自宅でも酒喜惣菜をお試しいただけたら幸いです!

(文・写真/山下洋平)

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ