Magagine

一覧へ

MAGAZINE

2020/01/21 11:55

「酒が喜ぶ、酒と喜ぶお惣菜」

惣菜(しゅきそうざい)

酒を呼び、杯が重なるひと皿。

住吉酒販の角打ちメニューの中から

レシピをご紹介していく本コーナー。

 

福岡県の老舗「豊島蒲鉾店」さんの「博多丸天」と

ご存知「三原豆腐店」さんの「まぼろしの厚揚げ」を

極上のお出汁でいただく喜び!

日比谷店角打ちで大好評いただいております「塩おでん」!

第4皿と5皿目を併せてご紹介!

 

「博多丸天」「まぼろしの厚揚げ」

(東京ミッドタウン日比谷店より)

丸天厚揚げ5

【材料】**********************************
博多丸天(福岡 豊島蒲鉾店)
まぼろしの厚揚げ(佐賀 三原豆腐店)
醤油こうじ(埼玉 弓削多醤油)
北海道からし(北海道 チヨダ株式会社)
醤油麹

【おでん出汁 水2ℓに対して】
利尻昆布 約12g(北海道 山本商店)
鰹節 約15g(鹿児島 金七商店)
エソ煮干し 約25g(長崎 ヤマジョウ)
塩 約20g(佐賀 一の塩)

【作り方】**********************************

〜おでん出汁〜

●昆布を半日ほど水につけておき、60℃、60分。

昆布を取り出し加熱、75℃で鰹節を入れて5分で濾す。

エソのワタを取り除き、キッチンペーパーなどで巾着状に包み

出汁へ入れ、粗熱をと理、塩で味を調整すれば

おでん出汁の完成!(塩分濃度1.0%~1.1%目安)

ラルド蛸2

 

〜丸天&厚揚げ〜

●丸天を50℃洗い、厚揚げを湯通しし、

キッチンペーパー等で良く水気をとり、

粗熱をとる。

おでん厚揚げ

●温めたお出汁に小一時間くぐらせる。

●からしをねり、半分を醤油こうじと錬りあわせておく。

●お皿に盛り、厚揚げにからしを

丸天にはからし醤油こうじを添える。

(器は唐津焼、村山健太郎先生の作品です。)

●完成!!

丸天厚揚げ6

丸天と厚揚げにぜひ合わせたいお酒は

「綿屋 純米大吟醸 阿波山田錦 特等米」

綿屋特等米

最高の出汁に最高の食中酒を。

豆のほのかな甘み、魚の塩味を引き立て

お食事を円へと近づけます。

 

今回使用した以下の食品たちは

住吉酒販各店でもご購入いただけます!

●まぼろしの厚揚げ(佐賀 三原豆腐店)
●無添加博多丸天(福岡 豊島蒲鉾店)
●北海道からし(北海道 チヨダ株式会社)
●醤油こうじ(埼玉 弓削多醤油)
●利尻昆布(北海道 山本商店)
●鰹節(鹿児島  金七商店)
●エソ煮干(長崎 ヤマジョウ)
●塩 クリスタルプロ(佐賀 一の塩)
●綿屋 純米大吟醸 阿波山田錦 特等米(宮城 丸本酒造)

一部取扱無い店舗もございますのでご注意ください。

 

リンクがついているものは住吉酒販公式オンラインストア

「フィールドとテーブル」にてお買い求めをいただけますので

ぜひご利用ください!

丸天厚揚げ3

ご自宅でも酒喜惣菜をお試しいただけたら幸いです!

(文・写真/山下洋平)

当ショップはお酒を取り扱っているため、
年齢確認が必要です。

あなたは20歳以上ですか?

はい いいえ